0120-019-248
受付時間: 08:00 - 20:00
tel:0120019248
ホーム 課題解決サービス

空き家に関する
課題解決サービス

空き家売却

空き家は適切に管理しないと盗難、犯罪や災害の危険性があります。不動産は所有しているだけで固定資産税もかかります。平成28年には「空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除」という法律も制定され、相続によって空き家となってしまった家屋等を売却しやすくなりました。将来的に有効活用する計画が無ければ売却してしまう方がお得かもしれません。一度、ご相談ください。

リフォーム

リフォームをする事によって空き家が新築住宅のように生まれ変われば資産価値の向上にもなりますし、買い手がつきやすくなりもなります。また自分でお住まいにならなくても賃貸として活用も十分に考えられます。
空き家となった一戸建て住宅をリフォームし、賃貸物件として貸し出したり、シェアハウスに変更するなどして家賃収入を得るのも1つの方法として考えてもよろしいかと思います。

解体

空き家を解体するにあたって、受給できる助成金があります。その内容は各自治体によって、それぞれ違います。これを活用しない手はないと思います。まずは市役所などの担当課へ行き、空き家の解体に関連する助成金制度について聞いてみましょう。

相続税対策

売却や解体が出来ない場合でも、特定空き家等に指定されないよう管理をきちんとしておかなければなりません。行政からの助言や指導がはいった際には即刻、指示通りの状態に改善する必要があります。相続した実家が遠いなど、ご自分で管理できない場合は、ぜひご相談ください。専門家が最適な対策を提案させて頂きます。
ページトップへのアイコン